スライス

Pレッスンコーチが、ラリー中、スライスも混ぜて打って、と言った。
確かに、寒い冬のインドアハードコート、
擦り切れたボールで打つスライスは有効。
リズムを変える時にも、アプローチで前に出る時にも(相手の浮き球を誘う)便利、
スライスの選択もあったら、ショットが多彩になる。
今日のレッスン中に、練習させてもらった。

何度かこのブログ上でも書いたけれど、
スライスは、左右に振られた時には本当に楽。
基本のテニス(フットワークを使って打点に入り、下半身と体幹の力でラケットを振り切る)が面倒になる。
が、練習しないショットは、打てなくなるのも事実。
コーチは「刻む」感覚で打てと言ったけれど、
私はカットボレーのようになる…ふ~~~む。
滑るスライスと止まるスライス、課題かな。

サーブは、ポリガットラケットだと良い感じに打てる。

PS エジプト講座受講の土曜昼休み、テニスボールを発見、
勉強しながら足裏マッサージしようと、教室に持ち帰る。
そのボールが、コロコロと教壇まで。爆笑。
すみません、先生 
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19203209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-12-22 15:20 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧