最初のコーチが大切

中級クラスに「お客さん」たちが毎日のようにやって来る、年末。
ラケット面にボールを「当てて」、しっかりゲームを組み立ててくる「中級さん」たち。
そのボールは、「死んだ」、勢いの無い無回転ボールで、
やたらとオーバーヘッドを抜いてくる。
ポイントの取り方など、見習う点は数々あれど、
やっていてテニスが本当に面白くない、グループレッスンをやめたくなる瞬間である。

なんでなんだろう、
脚の力も体幹の力もないからか。
と思ったら、グリップチェンジができないのでした。(-_-;)
道理で、だからストロークもサーブも振り切れないんだ…ボレーは前に運べないんだ。

45歳でスクールに通いだした時、最初のコーチに、
グリップチェンジもフットワークも体重移動も、嫌と言うほど注意されて、
一期目が終わるころには、習慣づいていたんだけどなあ。
ついでに、テニスのマナーもガミガミ言われた。

「将来の無い」おばさんでも、お金を払って授業を受けるのなら、ちゃんと教えてほしいって思う。
女だからって、バカにしないでほしい、軽く見ないでほしい。
なんて思うのは、私だけ?

ナダルなら、こんな時、どうするか。
自分の課題を正面から見据えて、できることをする。
オーバーヘッド、ペアに任すのではなくて自分でスマッシュを打ち込みに行く技を身につける。
並行陣、しっかりボレーで壁を作り、チャンスを見てアングルに決めに行く技を身につける。

でも、家人の言うように、Pレッスン中心にテニスは練習したいなあと思う。これ、本音。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19225196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2013-12-25 17:29 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧