ちょっと目からウロコのテニス本

a0112944_817015.jpg


週に一回以上定期的にテニスするようになって、3年経過したら、
新しいことを学ぶのをやめて、今自分の持っているもので勝負する、
学ぶことが逆に停滞につながることも多いから、
各自の個性を否定するのではなくて、その個性的な打ち方の「再現性」を高めることが、勝利につながる近道。

再現性とは、正確性です。
初心者でも、プロ級の「ナイスショット」がたまに打てる、それを再現できるように。

う~ん、なるほど、と、納得する。
とても癖のある打ち方なのに、ゲームでは全く勝てないベテラン女性・男性がたくさんいる。
そういうことか。

私は、「勝ちたい」という気持ちがあまり無いので、
身近にいるコーチの目も覚めるようなウイナーを、自分も打ちたい、と、強く思う。
(他人に興味が無く、自分しか見てない自己チューです)
夜も、夢の中でコーチのプレイを繰り返し見ているほど。

そして、この「繰り返し見る」というのが、
「ボールを打つ練習」以上に上手くなるための秘訣らしい。
う~ん、なるほど。
だから、私は個別レッスンが好きなんだ。
ビデオでナダルやリー・ナのプレイを再生して見なくても、目の前で実際に打ってくれるプロコーチがいるのだから。
結果、私はついてくれるコーチによって、テニスがコロコロ変わる。

著者は、地元O学院大学の客員教授であり、ベストセラー『イチロー思考』『イチロー式モチベーション革命』の著者です。
[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19438891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-02-08 08:59 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧