悪魔のささやき(笑)

『インナーゲーム』に出てくる逸話なのだが、
絶好調のライバルに勝つ方法、
コートチェンジの時に、「今日は調子いいね」と、ささやくこと。

最終ゲーム、「タケさん、サーバーどうぞ、
今日の強力サーブで相手をやっつけちゃって」とペアにささやかれた。
「よし」。
ところがなんと、ダブルフォルト3回。笑。あっという間に0:40。
それまでは、サービスエースを連続で取っていたのに、
「よし」と気合を入れた途端、自分のサーブがわからなくなった…とほほ。

コーチによると、「よし」と力が入った途端、硬くなって猫背になって、
腕が振れなくなるらしい。
そんな時は、胸を開いて、と。
なるほど。

火曜日あたりから、鼻水が止まらない。
「高地トレーニング」と称して、マスクをしたまま走る。
こんな芸当は私には到底できないと思っていたのだが、45分走りきる。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19560015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニア at 2014-03-13 22:33 x
試合の時に相手に、「調子いいね」って言われたくない~~~!
そういうコメントが、自分に影響する。って感じてます。

「ナイスサーブ!」とか「ナイスショット!」はOKだと思うのだけど、余計なことまでコメントされると、ちょっと・・・です。

このことを、タケさんが書いてくれたおかげで、クリアーに自覚できたような気がします。「自分はこういうことに影響される。」ってわかってると、上手く対応できるかもしれないから!

最近、試合とかされているのですね!頑張ってください!
Commented by take_velo at 2014-03-14 07:40
サニアさん、おはようございます。
無心にボールを追っかけているときはいいけれど、自分のプレイを変に意識し出すと、訳が分からなくなって混乱しますね。特に、「調子」とか、自分でも原因がわからないことを考え出すと、動きがぎこちなくなります。
サニアさんもそうなんだ、と知って、私もうまく対処できるようになりたいです。
グループレッスンの最後は「ゲーム」なんです、誰と組むかわからず、そして2~4ゲームします。この勝ち負けに気にしていた時があったんですけど、サニアさんが「そんな短いゲームの結果は試合とはあまり関係ない」と教えてくれて、あ、と目が覚めました。レッスンの〆の練習にもかかわらず、得点を数えだすと、みんな消極的になります、本当の試合になったらどうなるんだろう…
by take_velo | 2014-03-13 07:54 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧