ライジング

気持ち良いぽかぴか天気の中、プライベートテニスレッスンを受ける。
いつも同じ打点に入ってすべての球をしっかり打ち込んでいくのが理想なのかもしれないが、
もう足がついていかない。
とくに前後のゆさぶり。
で、ベースラインから一歩も後ろに下がらないで、ライジング(跳ね際のボールを早いタイミングで打つ)を多用することになる。
ハーフボレーや、ノーバウンドのローボレーのような感じで打つ。
相手のボールがぐりぐりスピンだと、タイミングを合わせるのに苦労するが。

ところが昨日のシングルスクラスで、コーチの打つライジングが全く私とは異次元なのに気が付いた。
ストロークの軌道は一緒、打点もほぼ一緒、ボールの勢いもそれほど変わらない。

そのライジングの打ち方を教えてもらった。
まだ、ブログに書けるほどよくわかっていないが、
間近で見ると、腰が低く、前後の体重移動は無し、スイングスピードが速っ!鞭がしなるようにラケットが出て、ボールが恐ろしい勢いで前に出て行く。
びゅん、びゅん、と、音が響く。
(う~ん、もしかしたら、このスイングスピードとしなり、ライジングに限らないのかもしれない、
通常のストロークでさらに前への踏み込み力が加わったら、もう誰も取れないぞ!(-_-;)
しっかりボールを最後まで見る(視点を残す)、ラケットの面に注意しながら前に振る、身体の上下運動はしない、体重移動もしない、身体を開かない。

ライジングは相手の時間を奪えるし、後ろに下がらなくてよいので、次のドロップショットにも対応可、そして、チャンスがあればコートの中にすぐ入って攻撃できる。
そのライジングのボール自体に威力があると、さらに攻撃力が増す。
そして、男性のぐりぐりスピンは、私の身長だとライジングしか返球方法が無い。

PS クラブ練習会で、打点の話になった。
(先週、前の打点で打つようアドバイスをもらった、その続き)
ボールを目で追って前でとらえようとするのではなく、いつもより少し早くラケットを出すと良いらしい。なるほど。
そしてついでに、私の好きな打点の高さも聞かれた。
実は、私は高い打点が好き…女性にしては変わっているとよく言われる、笑
「う~ん、それじゃあ、そのグリップだと脇を開いて打つしかないですね、本当は脇を閉じて打つ方がいいんですけど」
高い打点で打ち込んでいく人は、ふつうはグリップは厚いのだそう、へええ~、知らなかった。(っていうか、私のグリップが薄いということもつい最近まで知らなかった)


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19602748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-03-24 17:50 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧