プロの接客

所用があって、銀行やら郵便局やら薬局やら…に出かける。
平日の昼間は、リタイヤ後の年配の方々が多い。
そして、どこでも、やたらと「ため口」で接客される。
「~さ~ん」「…ですよね~」「…なん?」「おじいちゃん、おばあちゃん」
いらいら。時には、「はあ?」と、上から視線であしらわれる。
特に、免許の必要な接客に多い。
私の職業や関係者の職業欄を見て、すぐに態度を改める、そのことにもなおさら不快感が募る。

職場で、相手に対する尊重の気持を無くさないよう、いつも休暇明けには気を引き締める。
自分より40歳も年下の若い人たちと接する職業だから、ついつい気も緩みがち。
でも、プロの接客というのは、友達に対するのとは違う、適度な距離感と緊張感が必要なのではないか。

何度もこのブログで書いたが、先日までついてもらっていた学生コーチ、
テニスに対する姿勢、そして生徒に対する姿勢に、脱帽であった。
圧倒的にテニスは強く、そして生徒(私)は絶望的にどんくさいのに、
それでも、私語雑談は皆無で、終始穏やかににこにこと、敬語であった。

外国から日本に来た人々は、いたるところで受ける接客態度に感激し、日本の大ファンになった、
そんな時代は遠い過去の話となったのか。残念である。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19616041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsunorida at 2014-03-29 09:05 x
わたしも "40歳以上年上"の方に接する仕事をしていますので 今回のお話はよくわかります
施設の職員に 『"尊敬丁寧謙譲"って知ってるか?』っとツッコミたくなる事もしばしばです
高い学費を出してもらって 語学を学んだ一人として 美しい言葉 正しい言葉で 尊敬の念を持って今後もジブンの仕事をしたいです
っと 書いていますが 当方のBLOGは頓珍漢な言い回しなんですが(笑)  
Commented by take_velo at 2014-03-29 09:48
人生の先輩に対して、子ども相手にしゃべるようなタメ口を使うって、本当に失礼ですよね。人間性が試されます。そして、どんな家庭でどんな育ち方をしたか、ですよね!matsunoridaさんの仕事に対する姿勢に学ぶところ、いつもいっぱいです
by take_velo | 2014-03-29 07:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧