滑るサーフェス

私が所属するスクールのハードコート(インドア)は、湿度が高くなると結露して滑る。
所属するクラブのクレーコート(アウトドア)は、イレギュラーバウンドしてボールが重くなる。

過去に2度出た試合のひとつは、雨の残る天然芝コートで、ボールはブリジストンだった。
弾まず重くずっしりとくるボールに苦戦した。初めての経験だった。

結露して滑るハードコートでは、全く自分のテニスができない。
私には、様々なコンディションに対応する応用力が全く無い。
ボレーさえもが、踏み込む足が滑って打てなくなる、サーブにも影響する。
(最近、ふくらはぎの故障は全くしなくなったが、
サーブを打つ時に「べきっ」となることがある。
サーブは、意外に足を使うプレイだと思う)
そして、1時間半のレッスンが終了すると、肩と肘と手首が痛くなる(思いっきし手打ち)。

試合では、風やら太陽やら、自分のコンディションやら、サーフェスやボールのメーカーの違いやら、
普段の自分とは違う環境で、普段の自分のプレイをしなければならない。
滑るサーフェスで有効に打ち勝つには、どうやって打てばいいんだろう?

PS テニスはどんな打ち方であっても、相手コートに確実にボールを入れて打ち勝てばそれでいいと思う。
でも、Oコーチの基本に忠実で美しいフォームに慣れている私は、彼女のようなテニスがしたいと強く思う。
長く故障なくテニスを続ける秘訣のように思う。
手打ちは、身体に負担がかかって怖い。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19626136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニア at 2014-03-31 14:09 x
滑るハードコートでのプレー!?
そこでレッスン出来ちゃうんですか!?
私の周りでは湿っているだけでもまずやらないです。滑ると危ないので。コートのはじっことか後ろがまだ乾き切っていないとかだったらちょっとはやることもあるかな程度。90%は乾いてないとプレーしないですよ〜。
濡れたボールというのも重くなって腕に悪いと聞いたことがあります。そんな状況で試合をしなければならないというのは体に過酷ですね。怪我だけはしないように気をつけくださいね。
Commented by take_velo at 2014-03-31 17:36
サニアさん、コメントありがとうございます、あ、と気づきました、そうですよね、悪条件に合わせるのか、それとも自分の身体を守るのか。私は迷わず自分の身体を取ります、怪我するとテニスそのものをできなくなってしまいますもの。大切なことを思い出させてくれて、本当に感謝です☆
by take_velo | 2014-03-31 08:11 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧