ゲームの中で苦手なボール

所属クラブの練習会のコーチが「ほのぼの」系で、
そのコーチの「引力」に惹かれて、いろいろな方とゲームをさせていただいている。
たぶん、自分なら絶対に巡り合うことのないような方々。
そして、自分のミスが、相手の強打やナイスプレイではなく、
ゆるくペースが無く死んだようなボールや、足元に落ちるボレーが原因だと痛感する。
「速いボールよりゆっくりなボールの方が難しいでしょう」と、解説までしてくださる。
サーブなら、ボディに食い込んでくるボール。決してビッグサーブではない。
(速く強くコースを突くサーブを、カウンターで返すのは好き☆)
もし、彼らが引き出しを多く持っていて、私の弱点を巧みについているのなら、もう脱帽。
でも、そうではなくて(ごめんなさい)リタイヤされた方々ばかりで、ゆっくりと無理せず楽しみながら、そして頭を使いながらのテニス。
私が一番苦手なテニスである。
自分の弱点と向き合うことができて、多くを学ばせてもらっている。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19633598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-04-02 07:19 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧