相手を見ずに打てるか

数か月のプライベートレッスンで学んだことの一つ。

例えば、サーブを打つ体勢に入ったら、相手コートは見えない。
身体は横を向いているから。
ボレーを打つ瞬間も同じ。ラケットに当たるボールを見ているから。

コーチにとっては至極当たり前のことなんだろうけれど、生徒にとっては、これがかなり難しい。
頭の中に、コートの形と、相手のポジショニングが入っていないとできない。

昨日のレッスンで、指摘されたこと。
左右に動くときに、ずっとネットに正対面したまま、私はサイドステップを使う。
相手プレーヤーと飛んでくるボールをずっと見ていないと不安だから。
打つ直前に身体を横向きにする、だからいつも若干振り遅れる。

相手が打った瞬間に、ボールの飛んでくる方向と距離と球種がわかれば、
すぐに体をターンして、まっすぐボールの落下地点まで走れる(この時、相手プレーヤーを見ない)、そして余裕を持って打点に入り、しっかりと自分の体勢で打てる。

同じく、自分の打ったボールに自信が無いから、足を止めてそのボールの行方を目で追ってしまう。
だから、次の一歩も出遅れる。

何を見るか? まだよくわからない課題だ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19641582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-04-04 10:57 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧