止まるボールをどう打つか?

ブロックリターンとプレイスメントでゲームをリードする上級プレーヤーがレッスンに参加。
「死んだ球」に対して、私は振り急いだりふかしたり、苦手だ。
これまで、ドライブボレーに持ち込むのが常だった。

が、日曜マイコーチが、
一瞬、ふっと息を吐くように間を取って、そこから2歩余分に足を動かして前に移動しながら「普段通りのフォーム」で打つのを見て、その姿を脳内に焼き付けたおいた。
いまなら、イメージが残っている、私にもできるかも。

飛んでくるボールのスピードに身体のリズムを合わせてはダメ、
ボールの落ちる場所と軌道をあらかじめ予測して、
すこし間をおいて(力を抜いて)、前に移動しながら、自分のいつものリズムでいつものフォームで打つ。
できた。

ライジングは最後までうまくできず。緩い球の落ち際の軌道がよくわからない。
日曜も、何度もミスった。
ライジングは本当にデリケートなショット、「よみ」と「目」と身体の軸が必要だ…夏休みまで持ち越しそうな課題。

午後はボクシングプライベートレッスン、
フォームは固まってきた、同時にこぶしの形も自然にできる。(ミット打ちデビューOK?)
が、笑い転げるコーチ、
「タケさん、がちがちですよ」とな。
肩の力を抜いて、腹筋をしめて、内腿に力を入れて…四肢は楽に、体幹は固める。
が、私は逆。肩や腕や足はがちがちで、腹筋はゆるゆる。

ああ、永遠のテーマ、腹筋締めて四肢をリラックス、これができたらテニスも無敵になるに違いない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19711143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-04-24 18:30 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧