前で取るボレー

ボレーは、身体を横向きにして、ボールを引き付けて、
それから、足で前へ運ぶように打つ、と習った。
のだが、ボールの来る方向へつま先はむけるものの、ラケットは引かず肩も入れず、
身体の前にラケットをセットしたまま押すボレー。
相手の時間を奪えるし、力が最も入る打点でボールをとらえて、そこからさらに前に押すので、
攻撃的なボレーになる。
はず。笑
日曜のプライベートレッスンで取り組んだ練習。

今日の形式練習で試してみる。
ポーチボレーで、アウトミスがゼロになった。おおお。
「攻撃的」というまでには至らず、コースが甘くてカウンターを食らうこともあるが、
長いゲームの中で、相手が焦り出して無理をしてミスを連発するので、
これで良し、とする。
(本当は、もう少しポイントを取れるといいのだけど)
相手の時間を奪う代わりにこちらの余裕の時間も無くなるので、ステップは必至。
相手のストロークが強いと、難しい。

スマッシュ、相変わらず不調、
オーバーヘッドは、つなぎのスマッシュでごまかし、
1本で決めずに2本目で決める。まあ、良しとする。
(もっと強くなるためには、甘い球は叩いていかないといけないのだが)

セカンドサーブも不調。
95%相手コートに入れるサーブって、どうやって打ってたっけ???
開き直って、やけくそでファーストサーブばかり打つ。
結果、なんとサービスエース連発…
もしかして、セカンドサーブ、フォームが小さくなっている?気持ちがびびってる?

スクール集団レッスンを減らす方向なので、
「振替」分のレッスンが山のようにたまっている。
連休後に消化しなきゃ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/19735874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-05-01 06:57 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧