女ダブ

ラケットを振らずに、相手コートの穴へ穴へと打って巧みにゲームを組み立ててくるおばさん女子ダブルス。
最近、積極的に「勝ちに行く」手段を模索し始めた。

前衛がネットに詰めないのが基本の陣形なので、
雁行陣なら後衛の前に落とす、並行陣なら一度相手を前に出してロブを上げる、が、彼女たちの「セオリー」。
前のボールは取れるが、後ろに下がることが私にはできない。
だから、前に詰めておいて、相手が打つ瞬間に2歩下がる。
(このロブ(→チャンス)ボールを決めきれない私、ペアを組んでいたコーチが横から割り込んできて決めること数度。
「私の正面ボールなんですけど」と、文句を言うと、
「いや、(あなたのミスが)不安だから…ここは確実にいこう」(笑)。
なるほど~~~~!私のスマッシュ苦手意識は、きっとこのコーチの不安からきているんだ。
私は、元々スマッシュやドライブボレーは大好きなんですけど!!!!)

相手の初級レベルのボールをどうやってしっかり返球するか。
どんなに強く打っても、ラケット面を作ってブロックで確実に返してくるから、
力まず上半身はリラックス、足をしっかり動かして、足の力を使って打つ。
回転系が苦手だから、スライスが必要だなあ、と、コーチからも指摘。う~ん、スライスか。
順回転の中に逆回転を混ぜる、か。
何度上を抜かれても、ネットに詰める自分のテニスは変えずに。
逆に、相手はネットに詰めないので、ボレー&ボレーになったら、足元にしっかり打っていく。
ストレートのアレイは狙い目。

リターン。相手サーバーは、ワイドに打ってくることはまずない。
無回転のサーブで、センターセオリーか、ボディ狙いだから、
コースは読みやすい、回り込んで、
迷わずストレートアタックか、あるいは、アングルへ強打。
はやいうちにストレートを2本決める。
そうすると、前衛は必要以上に端に寄り始め、そのまま動かないから、センターが空き始める。

というところまで、持ち込みたかったが、ストレートに連続2回決めたところでレッスン時間切れ。
何しろ私に凡ミス多すぎ。
力んでアウトボールとか、上をふわりと抜かれたりとか、サーブのダブルフォルトとか。
サーブ、本当に課題。しっかりと体を使って打つ基本は変えずに、もっと確率を上げなきゃ。

女ダブは、楽しくないので、極力避けたいが、
自分の忍耐力を養うのに、これほど良い機会はない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20083760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-08-11 07:49 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧