ヘタなプレーヤーでも上手なコーチになれるか

私の出した結論はNOである。

上手なプレーヤーがみな上手なコーチだというわけでもない。
(ネイティブスピーカーが優秀な教員だとは限らないのといっしょ。
むしろ、自分が話せることに対する「おごり」から、相手に教えることを学ばない「怠慢」最悪教師になることも多い)

でも、生徒に「センス」があれば、
何も教えなくても、勝手に学んでくれる。
(ネイティブが話すのを聞いているだけで、自然に言語習得できる人たち)

上手な人たちを見ているだけで、その動きを真似て動き出す人がいるのと同じ。

一番困るのは、屁理屈こねて、うるさい指示を飛ばすが、
珍プレイ続出のコーチたち。
バイリンガル生徒に、「あなたにはなまりがある」と言っていじめぬく外国語を話せない外国語教師と同じ。



[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20122641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-08-22 00:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧