青い目の先生にはなれない

夏休みを取るネイティブの先生の代講を仰せつかって、2回授業を。
経験豊かな方々との時間は、とても勉強になる。

が、今回は、
「私は、フランス人と会えるのを楽しみに授業料を払っているのに」
と、怒って帰ってしまわれる方がいた。
私は、フランス語はしゃべれるのだが、
それでも、日本人であることには変わりない。

「女性の担当者はいや、男性を出して」と言う女性客たち。
「日本人はいや」という日本人女性たち。
自分たちの可能性を自分たちでつぶしてしまっている現実に気が付かない。

だが、テニスレッスンは、
しっかり打てるコーチ、
コートを広く使って、走らせてくれるコーチ、
私より数段上手なコーチ、
でないと、代行であっても私は取らない。

同じことが、語学スクールについても言える。
顧客のニーズにこたえ、顧客を満足させられる講師でないと生き残れない。

久しぶりに、厳しい現実を前にして、
もう一度我が身を反省し、精進しようと思った。
今週末は、研修に参加してきます☆

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20161255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-09-04 00:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧