ボレークラス

今期のテニススクールで、「定額受け放題追加料金なし」に登録したため、
2時間目のボレークラスも受講。

これまで、「ボレーは足で」と習ってきたので、
ボレーは、ボールを浮かさず、深く長く、スライスをかけて、
ラケットは、上から下への軌道が基本。

大人のテニススクールでは、ラケットをボールの下に入れて、面を上向きにして(ラケットは下から上へと軌道を描く)と教えられる(らしい)。身体の軸が斜めっている。気持ち悪い。

ボレー&ボレーでも、ボレー&ストロークでも、コーチは私のボールを返せないので、
ま、いいか、とも思うが、
「足を使わずその場で待って、ボールの下にラケットを入れて。
身体が前のめりになるとボールがネットするから(これは事実)」と言われると、足元にボールをコントロールされた時点で負けているんだから、と反論したくなる(1本前の自分の打ったボールがミスショット)。
並行陣で必要なファーストボレー練習か。

ゲームで、サーブのジャッジに納得できず、頭に血が上って(→集中し)、
その後、ダブルフォルトはしなかった。
前回のプライベートレッスンで教えられたサーブを打っているかと言うと、それは全く無し。
今さら、背筋・腹筋を使わないサーブ(トスアップから肩を(止めずに)くるりと回す)を打つなんて、ありえない。

brabrabraとフランス語で言うところの、言葉での指導は私には合わない。
私より数倍上手なプレーヤーにこてんぱんに負けながら、そのテニスを見よう見まねで真似ていく、そんなレッスンは、もう無いのかな。

というわけで、ボクシングとランばかりの毎日。
マッサーに、「筋肉が柔らかくなってきた」と言われるが、
ストップ&ゴーのテニスは、溜まる筋疲労も半端ない。
週2でいいかなあ。「受け放題」は止めようかなあ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20247252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-10-01 16:11 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧