ストローク

身体のひねりを使ったストロークを練習中だが、
器用貧乏の私は、打点を適当に合わせて、
ライジングで処理したり、高いところから打ち込んだり、
でも実際は、ボールとの距離がいまいちつかめていないから、
いつまでたってもフォアができない。
バックは両手ストロークでごまかしがきかない分、基本に忠実、
いつもお褒めの言葉とともに合格点。

で、実際に打ち合いになると、
フォアで打ち負けることはない。
どんなに前後左右に振られても、フォアは相手の嫌なところにピンポイントで打てる。
バックは、安定感ゼロ。

打ち合いになったら、どんな相手でも、元プロ前コーチと比較してしまう…
どんなコーチと打ち合いしても、(度胸と前向きの気持ちは)負けない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20263236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-10-07 00:01 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧