横に打つ決め球

ひさしぶりにお手合わせしたベテランプレーヤーの男性、
甘い球が来ると、必ずアレーコートに、しかも、コートの外に逃げていくように確実に決めてくる。

私も甘い球は逃さないが、
コースを変えずに、相手の足元に打つ。
無理にコースを変えようとしたり、アレーを狙ったりすると、必ずミスる。

私とこの男性の大きな違いは、ミスの数。
本当にミスが少ない。

ゲームの後に、(「あなたはあなたのテニスを貫いたらいい」との前置きのうえで)頂いたアドバイスは、
「もう少し力を抜いて、全力ヒットは控えては?
(ダブルフォルト増産の)サーブは、スライス回転をかけたら?」であった。
う~ん、これはコーチの指示とは真逆のこと。
(「打ち抜く・振りぬく」ことが今の課題で、ボールの質を上げることを目指している。
サーブは、フォーム安定目指して練習中。トスの高さや打つタイミングを変えている。
もともと私のサーブはスライスなんだけどなあ)

強いボールと、
組み立てられて、コースを突いてくるボール。
どちらが確実にポイントを取れるかと言うと、絶対に後者。
外に逃げていくボールは、いくら走っても手を伸ばしても、届かない。(-_-;)
でも、クオリティーの高いボールに対しては、そもそも上手く組み立てていくことすらできないのも事実。

シングルスヒッティングをお願いした。
実現したら本当にうれしい、たくさんのことを学ばせていただこう。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20277153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-10-12 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧