ダブルスフォーメション

久しぶりにダブルスゲームクラスを受講。技術的な(つまらない)事を少し書く。

雁行陣で打ち合っていて、相手の後衛を、深いボールでベースラインより後ろに下げた時、
味方前衛はどう動くか。
サービスライン上(定位置)から動かない。
後衛はサービスラインまでポジションを上げるので、結果、前衛後衛の二人が横並び状態になり、
相手のロブをたたく準備に入る。

はあ?
まず、前衛の定位置はサービスラインから2歩前じゃないか?
深いボールが相手コートに入ったら、さらに前に詰める。
このスクールの生徒たちは、いくら私が後衛で「形を作って」も、ちっとも前に詰めて決めてくれない。
だらだら、だらだらと、間延びしたストローク戦が続くので、私はいつも機嫌が悪くなってキレる。
が、もしかしたら、前衛も「なんでタケさんはサービスラインまでさっさと上がってくれないのか」と、キレているのかもしれない。

だいたい、相手後衛を「追い込むボール」の定義が違う。
私のイメージは、回転がかかって重くてベースラインで落ちるボールを想定しているから、相手にコントロールロブを上げる余裕は無いはず。
彼女たちは、無回転の山なりの深いボールを打ってくるので、私は「チャンスボール!」とばかりに、
2,3歩踏み込んでドライブボレーで叩いていく。
(コーチが不機嫌になる、形式練習にならないから)

別の練習。コーチ球出しの短いボールをアプローチでつないで並行陣の練習。
私は、前に出て並行陣になるのは嫌いだ。
だから、前に出る時は、パッシングを抜かれないように、スライスアプローチを選択する。
結果、ほとんど跳ねない(サイドスライスもかかった)ベースラインまで伸びるボールになる。
相手後衛は、このボールを返せない。
(また、コーチがため息をつく。形式練習にならないから)

って、私がダブルスゲームを全く分かっていないおバカなのか?

と、プライベートコーチに質問してみる。
「タケさんはそのままでいいですよ、テニスはオフェンスのスポーツですから、攻撃できる時には相手を追い詰める、これが基本です。攻撃できる時に、つなぐ意味はありません」と答えが。
ほっ。
でも、「相手後衛が差し込まれているときは、前衛はまっすぐ前に詰めましょう。一気にセンターに寄るのはNo good。」
そうだった(-_-;)、「2段階右折」だった、前に詰めて、ストレートもケアしながら、センターに動く。
でも、これじゃあ、男ダブは間に合わないんだよなあ。一気にセンターに詰めないとポーチはできない。



[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20353370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-11-05 18:51 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧