ペアのせいで負ける(ってなんじゃそれ)

昨日のブログを書くきっかけになったこと。

テニス初心者(経験2~3年)が、10年~30年のテニス経験者サークルに入ってきた。
ところが、サークルメンバーのある方から、
「ゲームに負けるのはあなたのせいだ」と、あからさまないやがらせ態度やら、細かな指示が飛ぶらしい。
その有言無言のプレッシャーに、嫌気がさした彼女は、
「タケさんのようにシングルスがしたい、思い切り気持ち良くテニスがしたい」と、相談してきた。
そして、私は断った。

メンバーはみんな良い方たちばかりなのに、ラケットを握ると本来の「負けん気」が抑えられなくなるのだろうか。

アメリカのように、
コンピュータで公平にレベル判定して、その中でゲームをする方が、きっとテニスは楽しいに違いない。
勝ったり負けたりしているうち、上のレベルにうつって、また、勝ったり負けたり。
負けてばかりでは、ゲームは楽しくないだろう。

でも、趣味社交の場なら、そういうわけにもいかない。

10年以上前、私も、
「ネット前にべた詰めして、そのまま動かないで。
正面に来たボールだけ触ってね。
邪魔だから」と言われ続けて、あまりの屈辱に悔しくて震えたものだった。
「スクールに通って、はやく上手になってね、
でないと、タケさんとテニスしても面白くないから」と。
その後、私は死にもの狂いに練習したし、そのためにずいぶん投資もした。
だって、私は根っからの負けず嫌い。

今の私なら、彼女と組んでゲームをする時には、
コート全面を自分一人で守る意識を持ちながら、
どうやったら彼女に気持ち良く決めてもらえるか考えて組み立てていく。
まだまだ自分にはその実力が無いから、ポイントを失うと、自分に腹が立つ。
彼女が相手コートに立ったら、
(予測不能のボールにも対処し、死んだボールを打ち込む練習にはなるけど)
上手な方にボールを集めて、打ち合いをする。
「今日はコースを狙うサーブ」「今日はスライスアプローチ」「今日はポーチアタック」と自分でテーマを決めて、ひたすら練習することも。

自分の意識の持ち方で、どんな環境でも練習できると思う。
ゲーム中に、自分のペアを責めることは無意味だと思う。
だが、こちらがお金を出しているスクールレッスンで、いい加減なレベル判定だけはかんべんしてほしいが。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20367691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-11-11 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧