コーンは狙う場所じゃない

「ここをねらって打ってね」と、コート内に三角錐コーンを置いて行うテニスレッスン。
器用な私は、そのコーンを狙って打つ、そしてよく命中する。
(ゲーム中に目標物(ライン)を探して打つ癖直らず、オンラインかジャストアウトばかり)

プライベートレッスンで、自分のコート上に、
ほうき(クレーコートなので)を、コースを示す形(クロスならクロス方向に向くように)に置かれて、
そのラインと同じ方向にラケットの軌道を描いて打つ練習をした。

ラケットを最後まで振り切ってコース分けのボールを打てたし、
終着点(相手のコートにボールが落ちる点)ではなくて、自分の打つボールの軌道をはじめて意識することができた。
目からウロコだった。

相手が打つボールも、ラケットからボールが離れた瞬間に、その軌道をイメージすることができるようになってきた。
(上手な人は、自分が打ったボールがどう返ってくるのか、だいたい返球コースも読めてしまうみたいだが、
そこまではまだまだ(-_-;)。
相手の打つボールの音を聞いて、相手の体勢を見て、次の展開の予測をすることもできるようになってきた。

ボクシングもそうなのだが、意識と体の動きがリンクし出すと、
身体からも心からも無駄な力みが取れていく。
何が起こっても楽しくて、笑顔で前向きでいられる。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20383379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-11-16 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧