ポーチに出ることでこちらが不利になる私

ポーチに出て相手にプレッシャーをかけると、
それだけで崩れてくれるのが、女性。
だが、男性はこのポーチを返してくる。
(私のポーチボレーは、当てるだけだから、コース変更なし)
そうすると、前衛の私が動いている分、こちらのコートに大きな穴ができている。

私も、相手が安易にポーチに出る前衛なら、コースを読んで、
まっすぐ返球したり、コートの奥を狙ってふわりと打ち返したりする。

ポーチは1回で決めないとダメ。
決められないなら、陣形を崩さない方がまし。
でも、リターンをストレートに1本打っておくのと同じで、
相手にポーチのストレスを与えておくのも作戦の内。
その作戦に引っかからないのが、やっぱり上級プレーヤー。

今日のゲームレッスンでコーチと組んで、
コーチは前に出てくる後衛に、ふわりとしたボールをバック側(アレイ)によく打った。
フォアよりバックの方が得意な彼は、私(前衛)の方にストレートに打ち込んでくるくせがあり、
そのケアをしているのだが、やっぱり抜けてしまう。
なんでそこに打つかなあ、シングルスだとこんなストレスはないんだけどなあ。
って、コーチは(ゲーム中に実感させることで)私に向かって言いたかったのかもしれない。
ダブルスは、後衛(サーバーorレシーバー)の組み立て次第だよなあ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20386130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-11-16 00:24 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧