屈託なく全力で打ちこめるか

女性とテニスをしていて、ちょっと勝手が違うな、という時、

たとえば、ボレーストロークの練習で、ドライブボレーを連発してきたり、
最初はつなぎ、と決めているのに、コースを狙ってきたり、
ツーバウンド(時には5バウンドくらいしているのに)から、思い切り打たれたり、
コースはいっぱいあるのに、近い距離から顔や胸をめがけて打たれたり、

そんな時、屈託なく打ち込んでいけるか。
私はできない。

いつも打ち合うベテラン男性は、ボレースト練習でも、隙さえあれば、思い切りドライブボレーを打ち込んでくるが、
こちらも同じように甘い球ならパッシングで強打して抜いていく。
相手の身体にボールが当たれば、手を上げて謝るが、それで終わり。

だが、女性の多くは、それで終わらない。めんどくさい。
近くのコーチが、暗黙のルールを教えればいいのに。

(今日のレッスン、「2球」と決まっているのに、「7,8球」も打ち続けている女性に、
「2球で後ろの人と代わって、それがルールだから」と、コーチが注意していた、
おおお、めずらしい、日本のスクールではめったにお目にかからない光景)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20431725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-11-27 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧