ボレーはクローズドスタンスで?

コーチが変わって、あ、と目からウロコ、
修正するのに手間取っているのが、ボレーのスタンス。
長い間指導されてきたように、反対の足(前足)を斜め前方向に出して、横を向いてボレーをする癖が直らない。(=クローズドスタンス、もしくはスクエアスタンス)
今習っているボレーは、右なら、右足を踏み込んで打つ。
そして、余裕があって、決めに行きたい時は、左足を打つ方向に向かって踏み出す。
私は打ちたい方向とは違う方向に、左足が出てしまう。

右足を入れながら右ボレーを打つメリットは、
ボールと相手コートが良く見えること、反射時間が速くなること、
加えて、打つ方向にまっすぐ左足を入れるメリットは、
ボールに勢いが出て、ボールが滑るように伸びていき、相手を追い込むことができること。
(力を入れなくても、無理をしてコースを狙わなくても、決めることができるようになる)

ボレーは、速い動きなので、
コースを変えたり、動きながらドロップボレーを打とうとすると、
確実にミスが増える。
10本打って6本ミスしてくれたら、それだけでゲームに勝てる、ということがわかってからは、
相手に見事にボレーで決められても、動揺しなくなった。

と、これだけのことをプライベートレッスン後半の10分間で教えてもらったが、
その後、続きのボレー練習は、全く無し、
まだまだストローク基礎練習が続く。
ストローク、激変している実感がある、
もともとストロークが好きなので、練習はたのしい。(が、ボレー練習も早くしたい)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20443504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-11-29 09:42 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧