ストロークとボレー

ボレーストローク練習って、
ボレーヤーは深くつなぎ、
ストローカーは相手の足元に落とすのだとばかり思っていたが、
相手ボレーヤーのミドルボレーの高さを狙って打つのが基本らしい。知らなかった。
(今まで、一生懸命足元に落とすことばかり考えていたのに)

「相手に打たせること」が基本、とは、日曜コーチの言葉。なるほど。
ストロークは、順回転をかけて、しっかりラケットを振りきって、打点を前にして、体幹で打つことだけを心掛ける。
ボレーは、もちろんスライス回転になる。

はずなのだが、
中級レベルでも、順回転でボレーを打つ生徒が多くいる。イラッ。
つまりストロークのスイングで打つ。
ロブを上げられてドライブボレーを打ちこむのならいざ知らず、
ずっと、ドライブで打たれる。
時々機嫌が悪いと、私もドライブボレーを打つ。相手はビックリする。
って、それじゃあ喧嘩になるやろ~、短い距離でフルスイングのどつきあい。もしくは超大量のミス連発。

私は超大手スクール、ノアでテニスを始めたのだけど、
ボレーの指導は厳しかった。
「つなぎのボレーができないと誰も一緒に練習してくれないから」と、
フラットや順回転で打つと、「パシッ」とラケットで払われて、「もう一度」とやり直しさせられてた。

ゲームで勝てない弊害は残ったけど、
「相手の練習パートナーになる」ことができないと、レッスンでは本当にじゃま。
中級に上げる前にちゃんと指導してくれ、我がスクールのコーチたち。

PS 運動公園テニスコートでテニスをしている人たちを見かけた。
「あ、シングルスしてる」と、私はしばらく見学。
家人は、すたすたと先に行ってしまった。
あれれ、シングルスではなくて、クロスの打ち合い、しかも下手だった。
後で家人から、「一目見て(コート中央に戻らないからシングルスじゃない、体幹軸がぶれているから初心者レベル)わからないの?」と、呆れられた。
競技スポーツをして勝ってきた人間は、やっぱり見るところが違う…(-_-;)
「それじゃ、いつまでたっても勝てないねえ、対人スポーツには向いてないんとちゃう」とな。(T_T)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20518787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニア at 2014-12-15 08:43 x
ボレーストロークというのは、何を練習するものなのか、考えてませんでした。ボレー側になると、ひたすらつなげるように頑張り(焦)、ストローク側になるとボールマシーン化します(笑)まわりにも笑われます。
普段、試合前のウォームアップ程度でしかやってないんです。ボレーの練習をするとなったら、カゴのボールです。ああ、でもこれがちゃんとできないでグループ練習に参加すると、迷惑なんですね。私なんかは、テニススクールに通うには、練習がちゃんとできるようにの、練習しないとダメそうです。
Commented by take_velo at 2014-12-15 08:56
サニアさん、たぶんサニアさんのコメントが正しいんです。スクール練習の多くが試合に勝つための練習ではなく、実践から言えば無意味です。ウォームアップとフォームの確認です。
サニアさんのコメントのおかげで、視界が開けました。ありがとう\(^o^)/
by take_velo | 2014-12-15 00:00 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧