サーブとパンチ

ダブルスゲームに向けて、ポイントを考えながらレッスンを受ける。

ロブが上がると予測できれば、ロブケアもできるんだなあ。(私、オーバーヘッド下手くそ)
一度で決めようと思わなければ、スマッシュもミスらない。

サーブ、コースを狙うとフォルトする。
軌道をイメージすると、安定。
フォーティ・ラブで、センターを狙ったとたん、ネットの手前でバウンド。(-_-;)
力むからか、(ネットを考慮に入れずに)的めがけて打とうと手が無意識に動くからか。

ミット打ち、
ミットを狙って打つと、体幹軸が前のめりになり、肩も上がる。
打った後のガードも遅くなるので、カウンターを食らう。
意識するのは、運動連鎖。その結果として、ミットに当たる。
って、言うは簡単。足のけりが体のキレとパンチの当たる時の威力になる。
年末最後のレッスンで、すぱん、ぱん、と、何度か身体全体で打てたような。

「打ててますよ」と、最後にコーチからお褒めの言葉。うん、手ごたえ。
お正月が恨めしい、もっともっと打ちたい。
本当にテニスとボクシングは共通するところがいっぱい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20578313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-12-24 21:17 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧