できなくて悔しい

フランス語版TOEICテスト(TCF)が職場で行われた。
私の担当クラスでは、事前に模擬テストも行い、
「初級」から「ネイティブ並みの上級」レベルまで問題があるから、
できるところだけをしっかりと解いてね、と解説しておいた。

でも、終了時間間際になっても、じっと問題と格闘している学生がいた。
「できなくて悔しい」と、下を向きながらつぶやいていた。
「全部できなくて当然だから」と、答えたものの、
ああ、この悔しい気持ちが前進につながるんだよなあ、と、自分の35年前を思い出して胸が熱くなった。

こんなまっすぐな気持ち、私にもまだあるだろうか。
(あ、あった、テニスでぶざまに負けた時、シャワールームで大泣きするんだった、私。)
京都の日仏学院に、女性の日本人先生がいて、彼女がネイティブの先生たちと談笑する姿を見て、
「いつか私もあんなふうに自由にフランス語を操れる時が来るんだろうか」と、悶々としていた。
フランス人と話していてもわからないことが多すぎて、あいまいに笑う自分が大嫌いで、悔しくて、
死に物狂いで勉強したなあ。本屋にあった参考書はみんな買って解いた。

午後からのクラスで、授業評価(アンケート調査)をした。
「先生、学期末のテスト時にこんなことをされても、正直に書けません」と言う学生がいた。
「じゃ、テストの採点が終わってから、言いに来て」と頼んだ。
今年のクラスはどのクラスも楽しくて、仕事に対する真摯な気持ち・問題意識に欠けていたのかもしれない。
雑談が多すぎたかなあ。
「寒い」冗談が多すぎたのかなあ。

真剣になると、いつの間にか周りから浮いてしまい、うっとおしがられることも多いのだが、
でも、真剣に何かをすることは、生きていくうえでの基本。
ついつい自分に甘く流れていた最近の姿勢を、学生たちから指摘され教えられたような気がする。反省だ。ごめんね。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20583353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-12-25 16:31 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧