ダブルスゲーム

ペアを次々と変えて、4ゲーム先取のダブルスゲームを。

一度だけ、ちょっと欲が出た。
女性と組んで、男性ペアと対戦した時、3:3で、私のサービスゲーム。
どうしても勝ちたくて、
サーブは「入れに」行き、ストロークは高くて深いロブばかり打って(ムーンボールとは言えない、回転不足)、
ラブゲームで取った。
こんな時は、ガッツポーズをするべきなんだろうか。
次の一歩につながらない、自分の弱さに負けたゲームだった、
口の中に苦いものが広った。いかん、いかん。

「私の形」って、
どんなボールが来てもつないでつないで、深いボールを打ち続けて、
ペアにチャンスボールを決めてもらうテニス。
でも、将来は、自分もしっかり決められるようにならないといけない。がんばろう。

上級者と組んだときは、どのボールが自分のボールかよくわかるので、
コート一面走るのは楽である。
回り込むのも、前に走るのも、シングルスで練習済み。

だが、初中級レベルになると、難しい。
最後の最後までラケットを構えられて、
急に「あ、お願い」と言われても、無理である。
回り込めたとしても、打つコースにステイされているので打ち込めない。
オーバーヘッドで返球できると思ったのだが、若干届かず抜けてしまった時は、
私なら、ペアに「ごめんなさい」、そして、「ナイスロブ」と相手を称える。
でも、このパターンを脳にしっかりと刻み込んでおく。(同じ展開に2度とさせない)

「なんでカバーしないんだ、届かなかったんだから、ペアがカバーに入るべきだ」と、言われたが、
そんなものできるか。
打つ体勢に入ってボールを追いかけたのなら、それは自分の責任である。
激しい言い合いになったが、最後まで譲らなかった。

ダブルスは、時として、2人いるからこそ逆になおいっそうコートが広くなることがある。
2人が同じボールを追いかけたり、
不用意にワイドに打ったり、無回転の短いボールを打ったり。(前衛にいると怖いんですけど)

今日の収穫。
サーブは、コースをねらえて打てていたと思う。基本はセンター。たまにワイド。セカンドは、ボディに深く。
縦割り分担で、ロブをオーバヘッドで返球できるようになっていた。
バックボレーも、最後には安定していた。
(相手の球筋を読めるようになっていたこともあるんだけど)
バックハンドストローク、逆クロスもクロスもしっかり打てていた。

課題は、ボレーでの「決め」かなあ。う~~~ん。
コースを変えるとアウトするし(素直にまっすぐと、レッスンで言われているけど、決まらないんだよなあ)、
ドロップは中途半端だし。
アレーコートへのボレー、練習必要だよなあ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20589384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2014-12-26 19:30 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧