ダブルフォルト 左足でストップ

2週間ぶりのプライベートレッスンで、サーブの練習。
やっぱりオーバーフォルトが多い。なんで?

「身体が前につんのめって動いている(だから、トスの位置はいいのに、ラケット面が上を向いたまま打っている)。左足でストップ、身体の軸をまっすぐ保って打って。」

そして、ゲーム中のサーブの修正方法も具体的に教えてもらった。
ふ~~む。納得。

次に、ラケットと同じ長さの細い鉄棒でボールを打つストローク練習。
あれ~~~、空振りばかり、ボールに当たらないんですけど。

「身体が前に動いているのわかります?
その場で動かず、身体の回転だけで打ってみて」

!!!ボールの芯に当たりだした。
棒なのに、あたかもラケットで打っているような手ごたえあり。

「前に踏み込んで打つ、体重をかけて打つ」
今まで散々言われてきたけれど、私は動きを誤解していた。

「スエイしちゃダメです。
右で蹴ったら左で止める。この動き、基本です」
あら、同じことをボクシングのコーチにもさんざん言われているので、
今日のレッスンは本当によく理解できた。
(試合ですぐに結果につながるかと言われると、まだまだ、だろうけど。
一歩ずつ、一歩ずつ)

PS ところで、私の所属するクラブ、もしかして超有名?超名門?


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20837285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-02-03 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧