テニスボレーはボクシングミットと同じ動き

ボクシングパンチをミットで受ける時の形がボレーに似ているという話をトレーナーにしたら、
「へえ、こんな感じですか?」と、いとも簡単にテニスコーチの動きをした。
手のひらを前に向けて、(想像上の)バランスボールを抱え込むように腹筋に力を入れて、(ゼロポジション)
それから小指側を握るようにしながら腕を前に出した。(アンダースピンがかかる)

「って、これ、ミットでパンチを受ける基本動作ですけど」
やっぱり。
パンチの衝撃を受け止めて返す仕組みは、飛んでくるテニスボールをそのまま返球するボレーや野球のバントに通じるものがあるんだろう。
今日は、ミットでパンチを受ける動作を教えてもらいながらトレーニングした。

締めは、やっぱりシャドーボクシングをした。
コーチの動きは、パンチが当たる瞬間に体幹と手の先に力が入る、ぴっと身体が静止する感じ。動きが柔らかくしなやかで速く、パンチも鋭い。
私はずっと肩や上半身に力が入りっぱなし。そして腹筋は緩みっぱなし。動きが硬い。
あああ。テニスと一緒だなあ。

最後に、うつぶせになって肘で身体を支えるトレーニングの強度を上げて、
片足片手を対角線上に上げる(片肘と片足の先2点でバランス)トレーニングをした。
コーチの前でできなかったのが悔しくて、家でもう一度やるとできた。
本当に私は負けず嫌い。

そういや、今日のテニス練習会で、
「練習で100本連続打ったら、そのうちの何本を真剣に打ちますか?」と聞かれて、
「は?そんなの100本全力真剣に打つに決まってるじゃん」と思った。
スマッシュも100本打った。全部、コースを考え打点を考え身体の向きを考え、打ち切った。ちょっとスマッシュの感覚が戻りつつある。うれしい。
「ああやってしっかりと振り切ってコートに入るのは素晴らしい、
ボレーで前に出て、スマッシュで決めるのがタケさんの形じゃないですか」とコーチ。
うれしくて舞い上がりそうになったが、いかんいかん、現実をしっかりと見据えて。
ボレー、まだまだ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20876579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-02-11 21:44 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧