打つボールは、短い方がまし?

テニスコーチたちのブログを読んでいて、
ばったりと出会ったのがこの言葉、「(ロングアウトするボールよりも)短いボールの方がまし、コートに入るから」。

なるほどな。
試合になったら、まずボールがコートに入らないことにはポイントにつながらない。

でも、私は「長いボールの方がまし」だと思う。
だって、しっかり回転をかけていけば、次は必ず入るから。

このコーチにつくと、今の私のサーブは全否定だろうな、10センチロングのフォルトばかり。
ゲームになると、サービスエリアの真ん中に入れていくこともあるけれど、
なんだかプレッシャーに負けて妥協して、自分の成長をあきらめたようで、
それならいっそのことテニスをやめた方が、精神衛生上いいかな、と思う。

シャドーボクシングで、(上半身を脱力しようと思って、全身の)力を抜いてコーチの動きを真似たら、
「それじゃあ、運動効果も運動連鎖も何もありません!
手先を動かしているだけです!
まずは足、骨盤、腹筋、肩甲骨、最後に手、
その順序をすっ飛ばして手だけを見るのなら、
練習する意味が無い!」
で、勧められたのが、手を使わないシャドーボクシング。

試合になると、(今の自分にできるあらゆる方法を尽くして)「勝つことを目指す」。
ボクシングコーチも、「フォームなんかぐちゃぐちゃになります」、と。
でも、基礎なんかいらない、って言うのとはまた別だと思うんだけどな。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20882197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-02-13 08:40 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧