ポイントを取るための

バックハンドの経験量を積むために、バックハンドで取る機会を増やしている。
が、レッスンテーマは「ポイントの取り方」。(-_-;)
どんどんテニスが小さくなって、
おまけに、並行陣だから(?)と、コートの後ろをネットで仕切って「待ち生徒」にボレー練習させる。
「つながないで、ポイントを取りに行ってください」と言われるが、
どうやって?
並行陣側の私の前衛ペアは、一歩も動かず、センターボールを私に取らせる。
相手は、センターに寄った私のワイド側オープンコートに決める。
というのが10回くらい続いたところで、
まず私のペアに向かって一発打ってもいいか?勝つためには、この彼をどかしてくれ。

というのを不問にして、「勝ちに行きましょう」というのは詭弁だと思う。
それなら、コート半面を使っての(クロス)シングルスポイントゲームをすればいい。
でも、シングルスゲームで「ストレートコースの存在しないポイントの取り方」なんて無い。
後方スペースの無いコートで並行陣を崩すのがナンセンスなのと同じ。

「(ダブルスで)もっと貪欲に勝ちに行ってください」と言うのは、
レッスン一回限りのペアさんと喧嘩してください、と言うようなもの。

サーブの打ち方を変えて、確率第一に練習を積んでいる私に今頃、
「セカンドサーブの確率を上げましょう」なんて言うコーチも同じ。

練習中、目の前のポイントを取ることに興味が無い。
でも、ダブルスだとそうも言っていられない。
「一ポイントゲームに勝つこと」と「仲間たちと楽しく」と「長い目で見た上達」は、相容れない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20947542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-03-01 15:57 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧