勝つために

「ポイントの取り方」がテーマの今週のテニススクール。
私は、球数を打つためにスクールに通っているので、あまりコーチの言うことは聞いていないのだが、
自分のポイントの取り方は?

相手が並行陣でネットについた時は、
こちらは後衛ツーポジションの並行陣になり、
センターへの強打を打ってからストレートへ、
あるいは、足元にボールを落としてからロブ、
相手が男性だったらボディ狙いでポイントを稼ぐ。

双方ともに雁行陣なら、
相手後衛のバックハンド側に打って次のボールをペア前衛に決めてもらったり、
後衛をワイドに追い出してからセンターに強打したり。

で、自分の課題は、雁行陣の前衛になった時の決め球。
センターボールを、相手サイドに外へ逃げていくように決めきることが難しい。
(私は相手前衛のサイドを狙うのだが、
女子は、相手後衛側の前方サイドを狙うのかな?)
中ロブをふかさずに打ち込むことも難しい。

久しぶりに女子と形式練習をした時、
後衛では、ストレートアタックもショートクロスも深い攻撃的なクロスショットも自在に打ち分けることができ、
前衛では、ほぼ100%ポーチを決めきり、相手のミス連続を誘った。
これは、自分の能力が上がったというよりも、相手の打つボールが弱いのだと思う。

相手がいろいろなボールを打ち分けてくる時は、
セオリー通りにはいかない。
今の私は、自分の打つボールの質を上げることにテーマを絞っている。

PS で、なかなか出ない練習の成果。
サーブは、相手バックハンド側(デュースサイドではセンター、アドバンスサイドではワイド)に打てるようになったが、セカンドの確率は上がらない。(-_-;)
セカンド(ただし、ラケットは最後まで振り切る)の確率は100%を目指したい。
オーバーヘッド。とりあえず抜かれる数が減った。上級男性ペアは必ずカバーに入ってくれるのだが、ポイントを競う場面でなければ、自分で取る。
レッスンメイトに、球出しスマッシュの上手な女子がいるのだが、ラリーになるとオーバーヘッドをことごとく抜かれる。打ち合いの中で「前へ、前へ」と体が動くかららしい。私が彼女のペアだったら、彼女にはそのままでいてもらって、私がカバーに入るかな、彼女の攻撃力は素晴らしいので。(コーチは、「前に出るな」と言ってたけど、それでは彼女の良さが生きないような気がする。私の永遠の課題は、前衛での攻撃力だから)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20950433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-03-02 08:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧