ボレーが好きになってきた

私は仕事大好きだし、ダブルスの試合に出るつもりはない。
のだが、最近のレッスンメニューに、ボレーが加わった。
泥の残るクレーコートで、10分ほどボレー練習した後、
「ちょっとラケット面を見て。
ボールについた泥がガットに残っているはず」と、私のラケットを見た。
真ん中のちょっと上に、ボールと同じ形の泥の跡がある。(そのほかは真っ白)
「ボレーが安定してきましたね」とコーチは満足そうだった。

高く上がるロブの処理は、嫌じゃなくなってきた。
問題は中ロブ。しかも男子の打つ回転のかかった、ふわりと顔の高さ位に上がるボール。
必ずふかしてアウトミスする。
このボールの練習。
やっぱりここでも手首や上半身の脱力がカギとなる。

「どちらのボールが取りにくいですか?」と言いながら、
・手を振っての高速ボレー
・下半身を沈めるようにして打った遅めのボレー
を打ってくれた。
高速ボレーはラケット面さえきっちり作れば、カウンターで返る。
が、下半身で打ったボールは、「がつん」と重い。

集団レッスンで、1球目は相手の打ちやすいところに返すが、次からは攻めるようにしている。ドロップボレーも打つ。
ストロークよりもボレーの方が圧倒的に有利、ということがわかり始めてきた。
テニス歴13年めにしてやっと(笑)。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/20970486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-03-07 09:15 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧