シングルス練習会(半年ぶりのシングルス)

シングルススーパータイブレイクゲーム、結局勝ったものの、課題ははっきりと。
何もしないまま5:0とリード、自分から攻めていこうとして、
アレイコートに角度をつけた打ち込みを3回(シングルスではアウト、3ポイントを失い)、
ダブルフォルト1回(想定内)、
短いチャンスボールを打ち込もうとしてネットミス。
結局、10:5。
コートチェンジを忘れて、5:1のスコアの時点からずっとまぶしいサイドでのゲーム。
いろいろと本当に「ざるからこぼれ落ちる水」のように詰めの甘い自分のテニス。

コーチからのアドバイスは、「コートを広く使いすぎ。
センターに手堅く打って、チャンスが来たらねらっていきましょう」

… その「守りのテニス」はつまらない。
岡コーチと一緒にしていたシングルステニスを思い出して、
コートの広さの再確認からはじめよう、クロス・ストレートの打ち込みボールを確実に入れるようにしよう。

ゲームの相手は女性だった。
いつもは、飛んでこないボールにしびれを切らせて無謀な荒いテニスをするが、
今日の私は、しっかりと打てていたと思う。

それから、朝の9時開始時点からの、いきなりのドリル練習で、
背筋を痛めた。
最初は呼吸をするのも痛かったのだけど、
ブログ仲間の人たちの試合報告を読んでいて、
(足が攣ったり、肩や手首を痛めたりしても、勝ち上がっていく)
「できることをしよう」と、2時間。
身体が温まってくると痛みも薄れて、最後まで勝ち切った。

直接試合はできなかったのだけど、上手な女性がいた。
どんなボールを打っても無理なく返球し、
甘いボールが来たら打ち込んでいく。
そのメリハリがすばらしい。
自分から組み立ててチャンスを作り(とくにワイドへのサーブ)、オープンコートに打ち込む。クロスも逆クロスも完璧。
次回(来月)は、彼女と試合してみたいな。

シングルスは、ポイントを落としても全部自分の責任だから、気持ちいい。
もっと、もっと、もっと、シングルスがしたい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21133377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-04-18 14:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧