福岡国際女子テニス2015(クルム伊達VSセリク・スザンヌ)


a0112944_23160422.jpg
クルム伊達の試合を近距離で見ることができた。本当に幸せ。

彼女は身体のコンディションに苦しんでいるような気がした。
メンタル的にもとてもつらそうで、
でも、今できることをする、最善を尽くす、最後まであきらめない、
彼女のそんなテニスに、とても感動した。

近くで見ると、本当にネットすれすれに飛んできて、コートに突き刺さるようなボールを打つ。
打点も高く、
きれいに組み立ててポイントを取る。

それだけに、ジャッジが微妙だと、せっかく組み立てたのがかえって不利になる場面も。
(ジャッジが微妙なのは相手にとっても同じ条件なんだけど、
ゲーム全体がなんだかおかしくなってしまう、しまりが無くなってしまう、残念。)
それから国際試合なのに、オムニコートってどうなんだろう…(個人的にもオムニコートは嫌い)
クルム伊達も足が滑って転倒したし、
次の選手(ジャン・スジョン)も同じく転倒、
ボールパーソンも転んでいた。

観戦中に後ろで
「あ~あ~」「あかん」「ミスばかりや」と、ため息ばかりついている人も。
応援する気持ちが強すぎて、のめり込んでしまっているのかもしれないが、
選手もやりにくいだろうし、失礼じゃないだろうか。

それから、横にテニス関係者たちがいて、
(選手たちが次々と挨拶に来ていたので、お偉いさんなんだろう)
試合に関係の無い内輪のうわさ話をえんえんとしていて、
あれもプレーヤーに失礼じゃないだろうか。だいいち、うるさいし。

高い打点、深いボール、コーナーに打つサーブ、ネットすれすれを通りバウンド後跳ねないボール、
組み立て方、打球音、
どれをとっても、はじめてテニスの試合を観戦する私にとっては勉強になることばかり。
いっぱいの勇気をありがとう。

試合結果:第一セットはタイブレークで落とし、
第二セットは、途中リードするも、5:7で落とし、
ストレート負けでした。

a0112944_23162411.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21199903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-05-07 02:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧