クルム伊達の試合を見て

昨日のシングルスは、打っていこうと思った。
そして、組み立てていこう、と。
そのうえで、ミスを連発して全敗だった。
サーブのジャッジにも納得いってない。

でも、クルム伊達の試合を見て、自分のテニスを最後まで貫ぬく勇気を持った。
だから、負けても悔いなし。(勝てれば、さらにいいんだろうけど、先の楽しみに取っておく)

世界ランキング4位まで上り詰めた伊達が、
下位の大会、しかもオムニコートで、ボールパーソンも線審も最低の人数しかいないような大会で、
若いプレーヤーに勝てない。
どんなにプレッシャーでつぶれそうなことか、
どんなにプライドが傷つくことか。
それでも、チャレンジし続ける姿に、スポーツの原点を見るようでうれしい。

試合で課題を見つけて、先につなげていくことの楽しさを知りつつある。
数年は負け続けるだろうけど、(もしかしたら、死ぬまでずっと勝てないかもしれないけど)
登録選手として試合に出ようかな。
強くあるために。チャレンジし続けるために。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21213718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-05-11 06:40 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧