ゲームで見えた課題

何と言っても、第一の課題は安定したセカンドサーブ。
ダブルフォルトだけで落としたゲームもあるほど(笑)
あまりにひどいので、アンダーサーブで短く落としていったら、
相手は慌てずに前に出てストレートに打ちこんだ。(小手先の奇襲は通用しないレベルの練習会)

クロスに深く打って組み立てていこうと臨んだ。
良いボールが行ったら、ネットにつめるといい、と言われたが、
私はネットプレイが下手、ステップも踏めず、逆を抜かれること多し。

歳をとってテニスを始めたウイークエンドプレーヤーの永遠の課題、ボレー。
どうしても、ストローク練習に大半の時間が割かれてしまう。
ボレークラスも受講しているが、
シングルスで必要なのは、ボレー&ボレーではなく、前につめてオープンコートに流すボレー。

スプリットステップも、タイミングがよく分からず。
以前に、学生コーチから、
「タケさんのステップは、ストップです」と笑われ、
ますます訳がわからなくなったが、
どうやらストップで良いらしい。
それから、ステップを踏まずにスルスルとそのまま動いて良い場面もある。時間に余裕の無い時。

シングルスは勝っても負けても自分ひとりの責任だから、いろいろチャレンジできるし、
課題がはっきりするのは、ようやく私のテニスがゲームをできるレベルになってきたということ。
プロの試合を観戦した後だったので、自分には不相応の挑戦もあったかもしれないが、
攻めていくのが自分のテニス、前を向いていくのが自分の生き方、
次は課題を少しでもクリアして、ゲームに臨みたい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21218190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-05-12 07:04 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧