今日のプライベートテニスレッスン

セカンドサーブ。簡単な注意で、確率が上がる。
ゲーム中でも、自分で修正できるようになりたいなあ。
(手首だらだら脱力(これは、ボクシングの連続ジャブでも練習した)、
トスの位置、骨盤の回転で強く打つ)

アウトボールについて。
コートの形をイメージできるよう、コート内にマーキングして練習。
(私は、ダブルスゲームでアレイコートに打つよう教わったのだが、
一笑された。アレイコートを目標にして打ってはいけない。
シングルスは、さらに細長いコートをイメージしなければならない。
ネットを越える場所は、センターベルトの左右1メートル。
えええっ(@_@) 知らなかった)

短いボールの処理。
左手でボールをキャッチするイメージで打点に入ったら、骨盤だけを回す。
打点は、高ければ高いほどいい。
これだよ!コートに突き刺さって滑るように伸びていくボール。プロの試合で見たよ。
手の力は要らない。

ふわりと深く打たれたボールと、
コートの外に出されるショートアングル、
どちらがオフェンスボールでどちらがディフェンスボール?
短く角度をつけられてコートの外に出されたら、
私は自分側のオープンコートが気になって、とにかくつないで早くセンターポジションに戻ろうとする…
実はまったくの逆。
短く角度をつけられたら、打つコースは無限大、
ストレートに打ち込んでも、アングルに返しても、センターに打ち込んでもいい。
このボールは決めに行くべき!決めに行ってミスをするのはOKなんだそう、
ここでつないでしまったら、せっかくのポイントチャンスを逃してしまう。
でも、深いゆっくりしたボールを決めに行こうとしたら、アウトする確率も大きいし、
距離も長いので、威力も出ない。
ディフェンスに徹してミス無く深く返すことを考えなければならない。
ショック、目からウロコの指摘。

「テニスは対戦型のスポーツだから、相手主導で戦わなければならない。
自分のしたいことをするのではなく、相手にあわせてゲームをしないとね」
と、コーチ。
う~~ん。これは仕事で散々していることだから、
休日まで同じストレスを抱えたくないなあ。
ランニングの方が自分には向いているのかもしれない。

「プロの試合を見てテーマを持つのではなく、
プライベートレッスンで習ったことをテーマにして、どんどん試合に出てください」
この言葉は、自分の心に響いた。
コーチにとっても、教えたことが実践に還元されて、そこからまた新しい問題点を見つけてレッスンをしていくサイクルの方が建設的だろう。

「勝ちに行くのではなく、自分でテーマを決めてそれに挑戦する気持ちでね」とのレッスン最後のコーチの言葉に、
「はい」と、うなずいている私でした。(これはランと同じ考え方だ!)
「”こうしなきゃダメ”って考えるんじゃなくて、”こうしてやろう”って考えてね」
なるほど。なるほど~~~!
試合って、面白いのかもしれない。
私のコーチは、人を動かす力を持っているのかもしれない。
だって、相当頑固な私も、シングルスの試合にどんどん出ようって、今日は思ったよ。



[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21223733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-05-13 20:54 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧