シングルス練習会の後で

月に一度のシングルス、
テーマを持ってのぞんで、とコーチに言われていたので、
サーブとフォアストロークの身体の軸をテーマに。
まあまあクリアできたと思う。
でも、サーブの確率がまだ悪かったり、決め球をアレイコートに打ってしまったり、
全体としては、落第点。
たくさんのテーマを持ちすぎると身体と脳が混乱するから、テーマは一つに絞ってね、と言われていたから、
シングルスコートの大きさの確認は、次回の練習会に持ち越そう。
その前に、次のレッスンでコーチに課題の報告だな。
なるほど。これが、コーチに言っていた、練習と試合の「良い循環」なのか。

練習会の後、メンバーさんの悩みを聞く。
試合に勝てないのだそう…
(ブログ仲間によると、最初の2年は勝てないよ、とのことだから)
毎週のように試合に出ているのに、負け続けてガックリしているうえに、
ダブルスでは、ペアに怒られてばかりで、
テニスがだんだん嫌になって来たとのこと。
(悩みはみんな一緒なんだなあ、
自分が話しているのではないかと錯覚しそう)

で、コーチに言われていることをそのまま伝えてみる。
「テーマを一つだけ決めて、それだけを考えて試合にのぞんだら?
勝ちたいのなら、相手の弱点を責めることだけを考える、とか、
自分のミスで負けるのが嫌なら、自分から攻めていかない、とか。」
そして、ペアをつぶす人は、ダブルスでは最も下手なプレーヤーだから、
そんな下手な人とはペアを解消したら?

と、話しながら、フムフム、と自分でも納得してしまった。

「勝てない」と悩む(大学時代の)家人に、高校時代の恩師は、
「なにをしに大学に行ったのか?」と問うた。
57歳になっても、この言葉に、思わずはっとする。
人生のバランス、本当に大切なのは何なのか。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21313828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-06-07 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧