ジャストイン・ジャストアウト

レッスンの帰り、ふと耳にした会話から。

「ラインのこちら側にのっていたらインで、反対側に乗っていたらアウトなんだよね」
「うん。ジャッジって難しいよね。何センチまでかかっていたらインで、何センチかかっていたらアウトなんだろうね??」(ボールの半径分ってことなのかな)

実は、全部「イン」なんだけどね。
外側であっても、ラインに少しでものっていたらインなんだけど。

プライベートコーチの言うとおり、コートの内側30センチをイメージしてゲームをしなきゃいけない。
いまだにコーンめがけて打つテニスレッスン、
この練習で、ゲーム中にラインを目標に打つ癖がつく。
プライベートレッスンのように、打つ方向にコーンを並べて置いてくれたらいいんだけどね。

振りぬくサーブが打てるようになるまで1年かかると言われた。(サーブは無限に改善し続けなきゃいけないのだろうが)
コートの内側にバーチャルコートをイメージできるまで、さらに2年はかかると思う。




[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21317393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-06-08 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧