今朝の新聞(@_@)

「子供がみんなの前でしかられて、学校に行きたくないと言っている。
子供に謝ってください!先生」(ではなくて、もっと建設的な伝え方をしよう)

「(研究室で)女性は批判されると泣く」(と発言した英ノーベル賞学者が、女性蔑視との批判を受けて辞任)

今朝の新聞から要約抜粋。
なんという世の中!これでは、次世代の子供たちは「生き抜く力」を持つことなく、社会に出ていかなくてはならない。
過保護なようでいて、次世代育てを放棄しているようなものではないか。

私は、父親に厳しく叱責されて育ったが、
同時に盲目的に愛されていたところもあり。
大人になってから、批判されると過剰反応してしまい、
ずっと反省し続けるところあり。(泣かないが、次の行動に移せない)
子育てを経験してから、批判も前向きにとらえられるようになった。
反論すべきところは、その場で反論できるようにもなった。

学校で過ごすのは15年間ほど。
社会に出てからが、本当の意味で長い人生が始まるのではないかと思う。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21338086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-06-13 09:05 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧