フォア回り込み

足の違和感、スポーツを続けながらケアしていこうと決めた。
できることをし、組み立てを考えながら、シングルスゲームも。
深いクロスボールで相手をコートの外に出し、その後、前に出て、逆クロスに決める。
逆クロス、大好き。

プライベートレッスンで、
「それは組み立て方が逆ですね。(笑)
まずは逆クロスで相手のバックを狙い、相手フォア側に決めるのがセオリー」との指摘。
(-_-;)

そして、フォアの回り込みで逆クロスに打ち、
その後、前に出て高い打点で叩いてクロスに決める練習をした。
私の逆クロスはサイドスピンがかかる(ワイドへワイドへ逃げていくので有効なようにも思うのだが)。
「それでは、サイドアウトする危険が高い」
ふむ。
「錦織のストレートは、外から内へ巻き込むように入ってくるでしょ、
あの打ち方が基本です」

次のボール(相手のバックハンド返球)は短くなる可能性が高い。
このボールを高い打点でとらえて、クロス方向にたたく。
ここは、速く動かないといけない。(チャンスボールは「決めに行く」、ここでミスしても良い)
(いつもは、「ゆっくりゆっくり」と言われる)

同じような組み立てが、ダブルスではできない。
で、ダブルスフォーメーションのレクチャーも少し受けた。
私は「フォーメーション」と言う考え方が嫌いなのだが、
実際にコーチがいろいろな場所に立つと、ストローカー(私)の打てるコースは広がったり狭まったりする。
前衛の動き方は、
相手後衛が3歩動いたら、前衛はその方向に1歩。
なんとシンプルで分かりやすいのか!!!

で、先日の疑問、
「リターンの時に、自分のペア前衛がリターンコースに入っていて打てないんですけど」と聞いてみた。
リターンの時も、相手サーブのコースによって前衛のポジションは変わる。
(って、ダブルスの前衛は動きっぱなしではないか)
センターにサーブが入っているのに、前でセンター寄りに立たれると、
リターンできないのは当たり前。

サーブはファーストの練習のみ。
コーチの一言、二言(アドバイス、たまにプレッシャーも)があると、
8割ほど入るようになった。
「練習では10割にしてね。
試合では、ここぞ、という時に10割に」
って、できるのか~~~~。

PS 足のトラブルは、もしかしたらボクシングが原因かもしれない。
ボディフックが楽しくて。
でも、これは前に重心をかけて打つ。(足が…)
さらに、「決めのフック」は、前に踏み込んでひっかけるように骨盤を回して打つ。

若くて使っていない「身体」、誰か私にくれないかな。
いやいや、生きている限り、
足が動かなくなったら、腕で、
腕が動かなくなったら、指で。
最後には思い(意志の力)で。
この老いゆくからだで、できるところまで。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21378068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-06-25 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧