何のためにテニスをするのか

ラケットを持つと、「テニスが好き」、それでじゅうぶん。
悩みなんか無いんだけどね。

何でもほめてくれるコーチがいて、
あまりに良いことばかり言ってくれるので、自然にプライベートコーチの言葉を反復している自分がいる。

「攻撃的なテニス、いいですね」
私 「う~ん、勝てないんでだめです」
「上のレベルを見て、ポジティブで前向きでいいです」
私 「年齢的に先も無いですから、上のプレーヤーとゲームをすることも永遠にありません」
「身につけた技術はいつまでも衰えませんよ」
私 「相手のいるスポーツで、勝てない技術は自己満足に過ぎません」
…(-_-;)私の言っていること、残念ながら真実だ。

元プレーヤーの以前のコーチのテニスが好きで、
しっかりラケットを振り切って、質の良いボールを打って、どんな相手に対しても美しいテニスをしたい。
今負けても、明日は進歩している自分でいたい。

夜、股関節がこわばり、ももや肩が張ってくる自分の身体をケアしながら、
「明日はもっと勝てないよな」と、弱気になる。
今の一試合一試合に勝つためには、ラケットを振りきらず、コースを丁寧についていけばいい。
180度転換すれば、こんなに体に負担をかけることも無いのに(手首や肘は痛くなるかも)。

「元気に機嫌よく老いてくれるのなら、いつまでもテニスをしてね」と家人に言われている。
それでいいのかな。
57歳で20代のプロプレーヤーのテニスにあこがれる、
見果てぬ夢かもしれないが、もう少し、夢を見ていたい。
今週もプライベートレッスン、がんばる。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21511237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MINTA at 2015-08-03 16:20 x
Takeさん、こんにちは。
今はお仕事お忙しくて試合に出られないかもしれませんが、もしお仕事リタイアされた後なら、試合出られますよね。
57歳ってまだ全然若いし、上を目指せる年齢だと思います。ベテランJOPの世界は女子はシングルスは70歳以上
ダブルスは75歳以上のカテゴリがありますから。
Takeさんの年齢だと55-59歳の方々が将来のライバルになるわけですが、皆さんとってもレベル高いと思います。
8月後半、もし関西にいらっしゃるなら関西ベテランの試合を観戦されてはいかがでしょうか。同年代の方々の試合をご覧になると、また一段とテニスへの気持ちが高まるかもしれません。55歳のカテゴリは圧倒的な小泉幸枝さんという方がいらっしゃって、小泉さんのテニスが見れたらよいですよね。ドロー見てないですが。あとは佐谷さん。このお二人のテニスを見れたらとても励みになると思います。
ちなみに、私は日本に戻る度に、60歳の尊敬する先輩にテニスしてもらいますが、いつ試合してもらっても、いつも進化されていて、なかなか追いつけないです。彼女からセットを取ること、私にとっての大きな目標です。
Commented by take_velo at 2015-08-03 18:25
MINTAさん、コメントありがとうございます!
股関節の違和感が3週間続き、走れない&打てない日々でした。できることに集中してテニスを続けていましたが、気持ちはだんだん後向きに。
で、その中で、プライベートコーチの言っていることが不思議に理解できる瞬間があって。
ベテランの試合、ネットで調べて見に行きます!教えてくれてありがとう!
by take_velo | 2015-08-03 08:10 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧