全力を尽くす

私は、他人に勝つことに興味が持てず(平和主義なのではなくて、自己完結、自分が大好き)、
それが、しばしば自分の壁になり、低レベルにとどまる原因となる。
でも、自分に負けるのは絶対にいや。
攻撃的な人間だと思われて、「ついていけない」とひかれることも。(職場での悩みですね)

若い女性たちから、反感とともに言われる。
「テニスやジム三昧の毎日、優雅でいいね」(50歳になってキャリアを追うのをやめた)
「休暇の長い優雅な仕事でうらやましい」(非正規なので生涯働かなきゃ食べていけない、正規の仕事につけなかった結果なんだけど)
「いつまでも家族と一緒で」(家族崩壊の末に)

変えられないことは「追わない」、執着しない。
でも課題があったら、問題点を明確にして解決するのをあきらめない。
若い女性たちの力になりたいとは思うけれど、結局、本人が前を向いて生きて行けるかどうか。
自分の人生は自分のもので、自分で決めたんならたとえ失敗しても、他人にとやかく言われるよりずっといいんじゃないか。

否定語は言わない。(「無理」、「やめた方がいい」って、自分に対しても言わない)
全力を尽くす。(何のために?なんて問わない)
大好きな林成之の新刊『脳の中の7人の侍』(『<勝負脳>の鍛え方』と同じ内容なんだけど)の中で見つけた言葉です。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21514809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-08-04 10:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧