基本練習(プライベートレッスン続き)

サービスラインに立って、思い切り振りきるストロークの基本練習もした。

「入らなくていいですから、身体のひねりをしっかり使って打って。ただ打って」

横では、男子選手クラスの人たちの打つボールの音が響いている。スパン!ズバン!
た、楽しい。

集団レッスンでは、
相手をよけつつ、しかもコートの中に入れていかなきゃいけない。
手先の器用さばかり求められるテニスで、すぐに「小っちゃく」なる。
のびのびと、リラックスしているけれどキレのあるテニス、思い出した。

サーブの前のミート練習も、プライベートレッスンでなければできない練習。
ラケットを振りきって床に向かって叩きつけるように打ち、ボールは天井まで跳ね上がる。
コソ連(=自宅で自主練習)では、バレーボールを使うつもり。

一番難しいのは、死んだ勢いの無いボールやイレギュラーなボールだから、
(コーチの順回転のかかった生きた「良いボール」ばかりを打っていても仕方ない)
集団レッスンは良い練習になる。
そして、
「タケさんの一発エースは、ベテラン上級者の思うつぼ」と、コーチの言うとおり、
ミスをしない、相手のミスを誘う、柔らかいテニスをする、を、自分の課題にしている。

でも、大きなテニスをしていると、文句なくテニスは楽しい。テニス、大好き。
昨日は、最高気温は38度になったらしいが、
朝から2本のスクールテニスレッスン、1本の球出し練習、プライベートテニスレッスンの後にボクササイズ、
身体は元気で、足は動くようになり、超楽しい一日でした。
(元バレーボール部の私は、実は暑さは苦手じゃありません)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21521137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-08-06 08:11 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧