スポーツマナー

試合になったら、相手のボディに強打してポイントをとってもいいのか。(いいのかもしれない)

でも、練習では「なし」だ。
コーチと生徒の「ボレー&ボレー」の打ち合いで、
コーチからポイントを取りたい一心でくらいついて、ばんばんボレーをしていた女性、
コーチの首より上をめがけて強打していた。
コーチは笑いながらブロックボレーで返球し、「勝利」していたが、
それでも、「顔直撃」はないんじゃないか。
思わず私は、「顔はないんじゃないですか」と怒っていた(私の出る幕じゃないんだけどね)。

試合で打たれることを想定して(試合には出ないんだけど)、「ストロークの振り」でボレーしてくるプレーヤーに向き合っている。
スクールは、とっても大事なこと(スポーツマナーやスポーツマンシップ)については教えない。(私の最初のコーチは例外だったから、私はラッキーだ)
危険度合いが限度を超えると腹が立ち、練習を拒否する。(先日のヘッドコーチの球出しもわざと打たなかった)

と思っていたら、スクールだけじゃないのか…
日本テニスは、商業目的のテニススクールと、競技テニスと、ふたつに分離しているって話を聞いたけど、
マナーに関しては…甲乙つけがたい。

PS 1年前に、あるコーチの「一言コメント」に、
「ショートラリーの打ち合いするたびに、「おねがいします」ときちんとあいさつをしましょう」
と書かれて、2度とこのコーチのレッスンには入らなかったが、
マナーって、危険を最大限に避けつつ(けんかにならず)本気で勝負する(スポーツ)ためにあるんじゃないか。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21537274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-08-11 08:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧