お盆休み(ひま)に思うこと

先生と呼ばれる職業(学校の先生、インストラクター、コーチ、医者など)についていると、
「勘違い」したまま人生を送る危険が大きい。

以前のブログにも書いたが、
ご高齢の生徒さんが、ある日、激怒してクレームを私にぶつけてきた。
「君たちは、外国語ができない人間はみんなバカだと思っているのか!!!」
(原因は私にあったわけではないんだけど、私にも当てはまることなのかもしれないから)
頭を下げて、心底詫びて、二度と不快な思いをさせないよう注意すると反省した。

その日から、親しくお話をさせていただき、多くのことを学ばせていただいたのだが、
私が辞める日、名刺を下さって(某大学の学長で、某有名大学の名誉教授だったよ!)
「あなたのために最後に一言。
外国で学位をとるチャンスがあるそうだが、必ず取りなさい」と。

そんな貴重な一言をいただいていながら、いまだに果たせていない。
一生懸命生きてきたから、50歳になった後はゆっくり人生を味わいたいな、と。(ばか!)

82歳になる母は、おっとりしたお嬢様、
なのだが、ある(スポーツ)種目で入賞者の常連である。
「大会に出ると、なんだか必ず優勝しちゃうの、おほほ」
(-_-;) 
(娘の私に)「あなたって活発そうに見えるのに、試合にも出ないの?まあ、人は見かけによらないわねえ」(とほほ)。
運動神経はどうやら母譲りでうれしいが、このメンタルはいったいどこに行ったのか。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21537960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-08-12 00:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧