王者は負けて地面に叩きつけられても再び立ち上がる

ブログタイトルは、『クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」』からの引用です。

今日のゲームで、普段やっていることをそのまま実践したかったのだけど、
全くできず…
自分が情けなくて、心折れそう、「もうテニスは止めようか」。
(って言いたいのは、きっとコーチの方だろうけど)

言い訳は山のようにある。
・レッスンは、ゲームに勝つための練習をしていない(私はダブルスゲームには出ない)
・強打をせずに器用にコースをついていくのは私のスタイルではない
・相手に打たせて崩してから決めたいのだが、初めて組む人とはその連携ができない
・無回転の死んだボールの軌道が読めない
・短いボールを前に出て打つことが多いので、コートの大きさがイメージできない

にしても、2時間のゲームの中で、自分の力で修正できないものか。
(ボールをしっかり見て打点に入り、体の力を抜いて足で打つ)
何も良いとこなしだった今日の私、このままへこまずにまた立ち上がれば、ちょっとは前進できるのかな。しょんぼり。

PS ゲームの合間にしたシングルスは、ベーグルゲームでした。
ファーストサーブが走り、リターンはストレートにしっかりと打ててたので。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21592044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-08-29 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧