コーチがいなくてもできるように

短くて低いボールを、腕をしなるようにして、相手コートに打ち込んでいく。
どうしてそんなことができるのかわからないが、
コーチがいると(言葉がけもないし、表情一つ動かすわけでもないんだけど)、100%の確率で安定して打てるようになった。

それが、コーチがいなくなると、とたんにネットしたりアウトミスを連発するようになる。
どうしたら、コーチがいない場面でも、同じようなテニスができるようになるんだろう。

数百人いる生徒のうちの一人にすぎない私なのだから、「コーチがいなくてもできる」と自己暗示をかけるしかない。
トッププロのように自分のチームを持てたとしても、コートの中では自分ひとりの力で戦わなければいけないのだから。

PS 今日もダブルスフォーメーションクラスに参加。
どうしてみんなセオリー通りに動くんだろう。どうしてロブばかり上げるんだろう。
でも、スマッシュで叩いていく良い練習になる。
高く上がったロブ、回転のかかったロブはむずかしい。
「追い込んで」「ロブを上げさせて」「それを打ち込んでいく」自分の形ができるように。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21653822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-09-17 18:02 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧