苦手なバックハンドストローク

シングルスゲームやラリー練習になると、バックハンドストロークが全く打てなくなる。
球出し練習では、フォアハンドストロークより良い球が打てるのに。

「経験値が足りないだけだから。準備を早く、苦手意識を捨てて」
生徒同士のラリー練習では、バックに回り込んでバックハンドでたくさん打て、と言われている。
でも、プライベートレッスンでは、フォアのクロスと打ち込みと回りこみの練習がメインになる。
「バックは直すところが無いから」

大好きな(前)コーチは、それまで武器だったバックハンドストロークがある時全く打てなくなったらしい。
素振り練習をやってもやっても試合になると打てない。
現役時代の最後には、コートの外に出るボールまでフォアに回り込んで打っていたらしい。
イップスかな、と思う。

テニスのサーブとかバックハンドストロークはイップスになりやすいかな、と思う。
打ち合いで良い経験値を積んで、クローズスキルの練習はやめようと思う。
その分、筋トレーニングしよう。
(今日のスクールレッスンの最後に、テニスの練習の何分の一かを他のスポーツに当てる方がテニスの上達は速い、ってコーチは言ってた。
私もその通りだと思う)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21671689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-09-23 14:37 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧